FC2ブログ

2013年10月13日 クライマックスシリーズ ファーストステージ 第2戦

阪神タイガース 対 広島東洋カープ

9回裏二死一塁 7-2 タイガース5点のビハインド

5番俊介に代わり代打 桧山


あとワンアウトでタイガースの2013年シーズンは終了



あーでも、今シーズンが ひー で終わるのならそのほうがいいのかも と思っていました



ワンボールからの2球目


打った瞬間に



「いったぁ~」 


打球はライトスタンドへ突き刺さりました


この瞬間、甲子園に神様が確かに存在していた



10月5日 ひーの引退試合でもその後のセレモニーでも

何故か涙せず笑顔で見送ることができた

まだ試合は残っているからね


グラウンドを回るひーの最後の勇姿を瞳に焼き付けようとしても涙が溢れてきました



「野球の神様はほんまにおった・・・」




三振で始まった野球人生をホームランで締めくくる

甲子園に愛された ひー らしい最後でした







世間的には 打者・桧山 でしょうが、私は 外野手・桧山 が好きでした

ライトスタンド、バックスクリーンをふり返り、旗を仰ぎ見る姿
風を見る回数は他の野手の比ではありません 

甲子園のライトを守らせたら世界一
右に出るものはいない

と今でも私は思っています




2005年リーグ優勝をしたあの日

真っ先にファンの元に・・・

いち早くライトスタンドに走ったこと

忘れません




誰よりもファンを愛しファンに愛されたひーやん


引退試合の日ライトスタンドに掲げられた横断幕

そこに記された言葉を私も伝えたい









桧山新次郎24を応援出来て幸せでした

夢と感動をありがとうございました

ひーやん、お疲れ様でした!








続きを読む

まずはじめに・・・・







このぉーーーーー


大馬鹿者がぁーーーーー










この一連の騒動について週刊誌を一切読んでいないので記事の内容も知りませんし、当事者でもないので詳細は判りません


ただひとつ、
「違法なことはいっさいやっていません」
という言葉は間違いなく真実であろうと思っています




しかしながら非常に残念なことに彼は大きな間違いを犯してしまった


ココからは世間一般に流れている情報を元に私が推測で語る意見です




まず第一に医療機関、処方箋薬局以外から医薬品を入手したこと

 普段処方されている薬だからといって常識ある大人なら決してやってはいけない行為
 違法薬物をその薬だと言って悪意をもって掏り替える事だって可能だったということも理解できたはず、そこまでされていなくて今回は本当に良かった
 それを思うと認識の甘さが非常に腹立たしい



なぜ事務所に無断で問題の記者を自宅へ招き入れたのか、事務所はそれほどまでに頼りない存在なのですか
 
 あの記事を書いた記者が取材ではなく個人的な話し合いにやって来たと本当に思ったのなら他人を信用するのも大概にしなさいと言うしかありません
 話の一部分を巧みに編集し記事を書くことは容易に想像できたはずです



そして、ことの顚末を語るのは記者にではなくファンにだったこと

 ファン暦29年今までずっと見てきました
 二人はファンを大切に思いどんな時もまず私達に報告してくれていたはず
 なのになぜこの一番重要な場面で置き去りにされたのかが悲しくて悔しくてしかたありません



本日、事務所からの活動自粛報告

病気療養にもいい機会でしょうし今一度、今まで築き上げてきたもの・本当に大切なものと向き合い、その悔しさをバネにして完全復活できるよう努力してください


           また二人並んだ姿が見られる日を待っています



続きを読む

ショッピング