FC2ブログ

今日はあまり遠出せずホテルの近くにある「中部市場」 にてお買い物
自宅用とお土産を買いに出かけます

この市場、通称 乾物市場 と呼ばれているそう


お買い物リスト・・・ 明太子、キムチ、ナッツ類、海苔

ホテルの前の道を真っすぐ進むと徒歩10分弱で到着

CIMG1629.jpg


まずはメインの通りを歩きながら値段などのリサーチ

ソウル501


メインの通りよりもその隣の通りや横の通りのほうが安かったですね
(品質などは素人なので正確には解りません、ご自身の目でご確認ください)

メインの通りは日本語がある程度通じる店が多かったです
それ以外の通りは私が行ったお店に関していえば全く通じませんでした
お店の方は韓国、コチラは日本語のやりとりでお買い物ってできるもんです


一番欲しかったのは 生のピーナッツ
我が家では炒って食べるのではなく煮物にピーナッツを使います
日本で買うよりもお安く買うことができ満足!


お土産の不足分はホテル近くのスーパー(スーパーというよりも小さな食料品店)で買い足します

ホテルに一旦戻り荷物を置いて次は母の旅の目的、残り一つを消化しましょう

「雪氷」のアップルマンゴーチーズケーキソルビン
忠武路駅(もちろんシャトルバスで向かいます)に「雪氷」がありました

量が多いので私と母でシェアして食します
父は昼食代わりに ハニーバタートーストとカフェラテ  計₩20,500

ソウル502



これで母の希望をすべて叶えました

部屋に戻り毎度おなじみお昼ねタイム


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

夕食は何度も店の前を通っていて気になっていたお店へ
ホテルの目の前のレストランです
なかなか入らなかったのはガラス越しに見えていた「中文対応」のネオンサイン・・・
中文推しということは日本語メニューが無いのでは?とその点がひっかかっておりましたが写真入りの英語メニューがあり無事注文することができました
チュクミサムギョプサルを2つと注文したところ、3人なら1つで十分とのこと
鍋、焼肉=2人前から注文と思いこんでいたましたがメニューは1鍋がすでに2人前だったみたいです

無料のパンチャン

ソウル503


チュクミサムギョプサル ₩24,000

ソウル504

ソウル505


父お気に入りケランチム ₩5,000

ソウル506

ここのケランチムは野菜入りです


あぁ~~~ 生ビールがあるぅ~  この旅初めての生ビールです ₩3,000×4


初めて食べたチュクミサムギョプサル、これをまた食べに来たいと思うほど美味しかった!




明日の朝チェックアウトして空港へ向かうため実質的には今日でこのソウル旅も終了です

食べ物も口に合い、楽しい旅行となりました
なんと言っても両親ともにケガも病気も無く終えられたことに一安心いたしております

家に帰るまでが遠足、ではありませんがあと1日気を抜かず過ごしたいと思います


ソウル旅行記 その7 6日目帰国日 に続く


4日目は午後から市内観光の日
インターナショナルタクシーの3時間コース(₩75,000)を利用します
ドライバーもヨさんにお願いしました


出発までにホテルから徒歩5分手打ち麺のお店「オモリチゲ」で昼食を済ませておきます 

ソウル401

浅漬けのキムチ、沢庵、おこげスープはセルフサービスなのでカウンターから取ってきましょう

ソウル402

あさりのスジェビ(すいとん)  ₩7,000  器の中に入っているのはスプーンではなくお玉・・・

ソウル403

ジャージャー麺(小)  ₩5,500

ソウル404

野菜入りの肉まん ₩6,000

ソウル405

スンドゥブ  ₩7,000 (写真撮り忘れぇ~)


3人でこの量は注文し過ぎました
スジェビと肉まんが想定外に大きいっ!
スジェビは2人でシェアして丁度いいくらい・・・
肉まんが・・・ 関西人に分かりやすく言うと蓬莱の豚まんの大きさで餡の量が2倍入っています
このくらいの注文量だと4~5人分でしょうか

辛いものが続いた胃にはスジェビで一息、アサリのあっさりスープがやさしいお味です



13:00 ホテル出発

行きたいところをヨさんに告げコースを組んでもらいます

5分もほどで「景福宮」に到着  

日曜日なので人、ひと、ヒト・・・

ソウル406

子供や若者を中心に見学者の2割くらいは韓服レンタルをして歩いています
そこらじゅうで撮影会&その場に座り込んでスマホをいじっている
インスタ映えってやつですか?(私はインスタやってません)



入場チケット(₩3,000×3)を購入し中に入ります

ソウル407

中に入ってみるとすごく広い(王宮だからネ)
韓国時代劇ファンの母は「ここTVに出てくるところ」と喜んでおりました

ソウル407-1

時間に限りがあるので駆け足で回ります
すべてを回るには2時間は欲しいところですね


14:00 次の目的地「北村韓屋村」へ  

このエリアは景観保存のため建て替え等の基準が厳しく住民からは不満の声も出ているそうですが、観光客の立場からすると昔の韓国の町並みが残されていてとても有り難いです

ソウル408

ソウル409


街歩きの途中、古民家を利用した素敵なカフェがあったので休憩をすることに
中庭を通り居間へ、中には数組の先客の姿が・・・そのすべてが日本人でした(私が良いと思うところ=日本人好み)(^▽^笑)

ソウル410

ドリンクはすべて₩5,000の均一料金です  カフェラテとホットチョコレート

ソウル411



14:50  最終目的地「Nソウルタワー」へ 

タクシーはケーブルカーの乗り場まで(ケーブルカー往復₩8,500×3)

ソウル412

日曜だからなのかいつもこの状態なのかケーブルカーが混んでいて1台目には乗れず2台目を待つことに

南山頂上に到着どど~んとソウルタワー

ソウル413


広場では「南山烽燧台伝統文化公演」がおこなわれていました

ソウル414

ソウル415



これにも母は「ドラマで王宮の広場で兵士がこんなふうに訓練してた・・・」と喜んでおりました

時間が迫っていたためここも駆け足で観光
父はもっとゆうくりソウルタワーを観光したかったと申しておりました
(ヨさん、次の予定が入っていて時間延長が出来なかったのです)


ソウル市内観光、ゆっくり見て回るためには3時間コースでは難しいです
次回はちゃんと考えます(反省・・・)


16:05  ホテル到着



景福宮、北村、ソウルタワーを観光するとかなり歩きまわることになります
タクシーを利用するとしても足腰に自信の無い方や年配者、お子様連れはご考慮を


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


日曜日はホテル周辺のレストランや食堂も休業しているところが多いです
開いているお店を探してブラブラ

キンパの写真を見てそのお店に入ることにします

日本語は通じませんが写真入りの日本語メニューがありました

ここに念願のカルチジョリムがありました
注文すると「辛いけど大丈夫?」と聞かれましたが
「大丈夫!」・・・・・だと思います
でもこれ本当に辛いっ!辛いものはわりと平気なほうなのですが今回の旅の食事の中で一番辛かった(痛かった)です

ソウル418


無料のパンチャン

ソウル419

海鮮焼きうどん

ソウル417


キンパ盛り合わせ(盛り合わせと書いてありますが、他に野菜入り、ソーセージ入り、たまご入り・・・などのメニューがあり盛り合わせとは全部入りのことだと思います)

ソウル416


ビールを注文しましたが置いていないとのことでした



そしてここでの食事がこの旅で一番お安い食事でした 計₩16,500



本日も何事もなく無事終了


ソウル旅行記 その6 5日目へ続く




ショッピング