FC2ブログ

「クイリングの作品は本か何かを見て作るのですか?」
というご質問がありましたので今回はクイリングの新作、ビオラができるまでをご案内いたします。

本屋さんなどではほとんど見かけないクイリングの本ですが、図書館には置いてあるそうなのでご自身で作って楽しむなら本などを参考にしても良いと思います。

私の場合は販売目的で作製いたしておりますので、他の作家の方々の真似では無く一から作っています。


まずは何を作るか・・・今回はビオラに挑戦してみます。

CIMG1848.jpg


作るものが決まったら、写真などを見ながら簡単なイラストを描き構図を決めます。
必要なパーツなども書き出していきます。
その際に、花の場合は花言葉やその花が使われている詩なども調べます。

CIMG1842.jpg

パーツ作り

CIMG1843.jpg

花の部分が出来上がりました

CIMG1844.jpg

一組分作ってみる

CIMG1845.jpg

ちょっと寂しいので2輪咲かせることにします

CIMG1846.jpg


バランスを見ながら今回はレースペーパーでお化粧してモチーフを貼り付けて出来上がりです。

CIMG1847.jpg


この後、この部分はもう少し大きく?もう一回り小さくして3輪にするか?など・・・見本で作ったものを少しずつ手直ししていきます。

私はこんな感じで製作していってます。

皆さんもクイリング楽しんでくださいね。





ネットショップに「ペーパークイリング」のインテリアフレームをUPいたしました。

クイリング(Paper Quilling)とは・・・
クイリングは、ルネサンス期のフランスやイタリアの修道女たちが、聖書の製本で余った貴重な紙を鳥の羽軸で巻き、宗教用具などを飾ったことが起源と言われ、18世紀にはヨーロッパの貴族の間で大流行し、その後世界中に広がりました。その美しさと手軽さから、近年では世界中で愛好家が増え続けています。


01.jpg
02.jpg
03.jpg




オンラインショップへは下記の[SHOP]ボタンからお越しいただけます

shop50.png


ご来店をお待ち申しあげております




ショッピング